※当サイトはPR,アフィリエイト広告を利用しています。

 

皆さんは「強風オールバック」をご存知でしょうか?
これはTikTokやTwitter、YouTubeなどで頻繁に目にするワードで、曲名でもあります。

 

そこで今回は、この強風オールバックについて、その本家はどこで、どのような曲なのか、また使用されているフォントは何なのか、そしてなぜ流行ったのかについて詳しく解説します。

強風オールバックとは何か?本家やフォントは?なぜ流行った?まとめてみた。

 

強風オールバックは、一体どんな曲なのでしょうか?
その答えから入ると、実はこの曲はボーカロイドが歌う曲なのです。
その名も「愛歌ユキ」。この曲を作ったのは、ボカロPのyukopiさん。

 

 

元々、ゲームBGMアレンジなどで音楽活動をされていたようですが

ボカロPとして本格的に活動を始めたのはこの曲が発表される9ヶ月前ほどのようです。

 

そして、「私の歯医者さん」という曲でプチブレイクをしつつ、今回の強風オールバックという曲で一気に大人気ボカロPとなりました。意外にも、元々めちゃくちゃ有名だった方というわけではないようですね...!ボーカロイドは本当に夢のある世界です。

 

 

そして、アニメーションを書いたのは

小津さんという方です。

 

 

強風オールバックの本家とフォント

 

次に、強風オールバックの本家とフォントについて見ていきましょう。
この曲の本家はボカロPのyukopiさんが作った動画であり、愛歌ユキが歌っています。

 

そして、この曲のタイトルで使われているフォントは「GNキルゴUかなNA」

歌詞部分のフォントは「ヒラギノ角ゴW8」というものを使用しています。

 

(↓現在のDMMランキング1位がヤバすぎると話題に)

 

 

 

なぜ強風オールバックは流行ったのか

さて、ここで一番の疑問、なぜ強風オールバックは流行ったのか、その理由に迫ります。

 

現在(2023年現在)、ボカロ界隈ではエグミや攻撃性のある曲が多く、それに飽き飽きしていたところにこの曲が登場。
その可愛らしさと(いい意味で)くだらなさ全開の曲が、ついついクセになる感じが受け入れられ、ニコニコ動画でヒットしたことから火がついたと思われます。

 

ニコニコでヒットしたのはもちろん、YouTubeで投稿1ヶ月程度で1000万再生を突破するという異例の伸び方をしています。

また、超有名ボカロPが投稿した曲や、あるいはTikTokで爆発的にヒットしたわけでもなくこの伸び方というのも、異例中の異例の伸び方をしています。それも、この曲自体の魅力がいかに大きいかを物語っていますね。

 

ネットの反応

そして、この強風オールバックに対するネットの反応はどうでしょうか?
「強風オールバック、これはかなり良い曲だな」という声が多数上がっています。
さらに、「この曲、何度聞いても癖になるな」という声も多く見られます。
また、「ミュージックビデオがとても可愛い」という意見も少なくありません。

 

まとめ

 

以上、強風オールバックについて詳しく解説してきました。
その本家はボカロPのyukopiさんが作った動画で、ボーカロイドの愛歌ユキが歌っていること、そしてフォントはタイトルが「GNキルゴUかなNA」、歌詞は「ヒラギノ角ゴW8」を使用していることがわかりました。

 

そして、その流行の理由は、エグミや攻撃性のある曲に飽きていたボカロ界隈に、この可愛らしさと(いい意味で)くだらなさ全開の曲が新鮮に映ったからだと推測されます。

 

※あなたにはこちらの記事もオススメです。

created by Rinker
¥1,287 (2024/07/14 05:59:55時点 Amazon調べ-詳細)

(レビュー欄にヤベー奴がいると話題に)

 

コメント一覧
  1. ゆった より:

    すごい詳しく解説されていますね!

コメントを残す

CAPTCHA


ボカロPの関連記事
  • syudouのwiki風プロフ。年齢や顔は?読み方は?調べてみた。
  • カンザキイオリの顔と性別がヤバい?年齢は?命に嫌われているが名曲!
  • Ayase(YOASOBI/ボカロP)とは何者?年齢や身長や素顔など、調べてみた。
  • ナユタン星人の性別は男?顔はイケメン?フォントは何を使っているの?
  • 強風オールバックとは何か?本家やフォントは?なぜ流行った?まとめてみた。
  • マサラダ(ボカロP)とは何者?調べてみた。彗星の如く現れた天才とは?
  • ゆこぴ(yukopi)とは何者?年齢や性別は?強風オールバックの曲が話題に。
  • ユリイカノンのプロフィールwiki。年齢や顔は?大学は?トーマに曲が近いのは...!