スポンサーリンク

 

というわけでやってまいりました。このブログの主題

 

「果たして元ニートのトラック運転手はプログラマーカレッジに通って未経験でプログラマーになれるのか!?」第1話!

 

先週金曜日にとうとうプログラマーカレッジが始まりました。

その初日のレポートをしたいと思います。

 

ちなみに、言うまでもなくこんな零細ブログがプログラマーカレッジからお金をもらっているわけがないので悪い事だろうが好き放題書きたいと思います。

 

写真とかも無許可でガンガン載せるからインターノースの人にこのブログが見つからない事を祈ってます。ひいい。

 

スポンサーリンク

プログラマーカレッジ初日の体験談

やっぱこの子、ポルカドットスティングレイのボーカルに似てるな

 

そういえば前から気になっていたんだけど、ここって

「エンジニアカレッジのプログラマーコース」なのか

「プログラマーカレッジ」なのかどっちなんだろうね

 

そのへんよくわからないのでプログラマーカレッジで統一させていただきます。

 

さぁ初日、事前研修ぶりに2度目の半蔵門に行きます。

半蔵門駅に着いたら

ちょっと歩いて

 

ちょっと歩いて

 

着いた

 

建物内の1階が研修所なんだけど、この前とは違うちょっと小さめの教室に案内されました。

席は30席くらいだったかな?

 

初日はオリエンテーション半分くらいで、14時スタートの短めスケジュールでした。

 

この俺、にーとら(@neetola)はトラック運転手の経験が生き、かなり時間にシビアになったので遅刻することなく早めに到着

好きな席に着いて待っていると、遅れてぞくぞくこれから苦楽を共にする同期が入ってきました。

座席の数と同じ30人ほど

 

そして14時になると、講師の人が喋り出しました。

長瀬智也を小さくしたような男前です。

 

スポンサーリンク

プログラマーカレッジ体験談。1日のスケジュール

すげーわかりにくくてごめん

下にあるのが俺の手です。

 

説明によると、平日5日コースは10時から18時

上記のようなスケジュールらしい

 

50分の授業が7コマってイメージ

そう聞くと結構きつそうだな....

 

でも、プログラマーに俺は本気でなりたいからむしろありがたいこっちゃ

 

そんな感じで諸々の説明や登録をすませ、プチ自己紹介タイムに入りました。

 

スポンサーリンク

プログラマーカレッジ体験談。かわいい女の子いた??

ひさびさに学生時代に戻った気がして、もうこの時点でちょっと楽しかった

 

んで、学生時代といえば可愛い女子。ひょっとしたらそっちの方もいい出会いがあるんじゃ...

とほのかに淡い期待を抱いていました。ええ正直者ですもの。

 

まず結論から言うと男女比は8:2くらいだった

俺としては驚き。女子1人いるかどうかくらいだと思っていた

可愛い子がいたかどうかは流石にいえないけど可愛い子いた。

まぁ良いよね...

 

ちなみにもっと言うと、1ヶ月2ヶ月前から受講してる人たちもチラッと見えたんだけど、そっちにはもっと女子が多かった。

あらまびっくり。根本的に女子多いのね。

 

あと、俺がここを選んだ理由にも書いたようにインターノウスって転職コンサル会社なんだよね

エンジニアカレッジの評判はいかに、実際に説明会に行ってみた体験談
2018.9.9
全然関係ないけど、この女の子ポルカドットスティングレイのボーカルに似てない? さて、この俺にーとらは、一念発起し一か八かのギャンブル気分で 無料のプログラミングスクールに通おうとしている プログラマーカレッジ(エンジニアカレッジ)というところだ。 ただ、やっぱり不安は不安 調べれど調べれど...…

 

だから、日々の頑張りをそのまま見てもらえるのがメリットだと思っている。

でもそれゆえ、授業に遅刻するとそれはそのまま就職先に報告しなくちゃいけないらしい

まぁ会社に入れば当たり前の話だね。笑

 

プログラマーカレッジ体験談。自己紹介タイム

ちょっとでも写真に残そうと入ってすぐ撮ったもの。あんま意味ない

 

諸説明登録が終わると、今度は同期同士で親睦を深めましょうと自己紹介タイムがありました。

これはありがたい。なにやら講師の人が言うには卒業後でもいまだに仲良しっていう卒業生たちはたくさんいるんだとか。

 

近辺の6人1グループとし、その中で自己紹介。みんないい感じに落ち着いていて協調性がありそうな人でした。

 

にーとらは今年27だけど、同い年の人もちらほらいた。うれし。

 

プログラマーカレッジ体験談。ちょっと授業開始。

で、一通りオリエンテーションが終わったらいよいよ本講義の開始。

 

そこで初めてスタートしたんだけど、講義というか

基本的にはパソコン上の教材をやってわからないとこがあれば講師に質問。ってシステムみたい。

まぁあれ、個別指導の塾みたいな流れ

まだ初日だからわからないけどね。

 

俺は本気でプログラマーになる予定だから、ガンガン進められるしガンガン質問できるしこれは結構アリだなと思った。

今のところ、「受動的で、講師の人が私を勝手に一人前にしてくれる」ってモノではないみたい。いや当たり前だけどね。

だからそういうのを期待している人には向いてないかも。

 

自習は必要なので、俺はこいつをやりつつ学校の講義を受けようかと思います。

 

ニート時代からどんどん成長していくのが実感できて嬉しいです。

24歳ニートは、抜け出して就職するまで一日何をして過ごしたのか
2018.9.9
おっす!おら元ニート! この俺にーとら(@neetola)は、23歳から25歳までの2年ちょっとほどニートをしていた。 ...辛かった ...ほんとに辛かった いつか笑い話になってくれる事をずっと願っていた。 そして、就職して一年半経ちようやく笑い話になってくれたので ニートはどのように1日...…

それではまた次のルポを待て!

 

あ、もし実際に説明会にだけでも行ってみたい!と思った方はこちらからどうぞ

 

(2018.08.12)通い始めてから一週間が経ちました。

プログラマーカレッジ に通い始めて1週間が経ったので、体験談を語る。
2018.9.9
トラック運転手だったこの俺、にーとら(@neetola)はプログラマーになるため、捨て身の覚悟でプログラマーカレッジというところに通う決心をした。というのがこれまでのあらすじ。 果たしてこの学校はちゃんとしているのか? 本当にプログラマーになれるのか? なんだかんだ金を毟り取られてしまうのではな...…

 

 

 

にーとらをフォローするといいことあるかも!

    スポンサーリンク

    Twitterでフォローしよう

    あなたに読んでほしい記事