パニック障害をご存知だろうか?

 

突然、強い不安感に襲われ、動機や呼吸困難、めまいといった症状が現れる。

それがパニック障害。

 

パニック障害は、「死」を意識するほどの恐怖体験が起こり

それがまた起こるのではないか。という恐怖に苛まれるケースが多い。

 

そして、パニック障害は誰しもが突然発症する可能性がある。

100人中3,4人がなる可能性があると言われている。

 

 

 

筆者も、似たような経験がある。

それを受けて、なんとなく手にとってみたこちらの本。

非常に良い内容だったので、レビューしていこうと思う。

 

パニック障害 大丈夫! かならずよくなる ひとりでできて不安がスーッと軽くなる画期的メソッド

筆者の影森佳代子さんのプロフィールがこちら。

 

影森佳代子(かげもり かよこ)
鍼灸師・心理カウンセラー、鎌倉ひまわり鍼灸院 院長。
1964年生まれ。ボストン大学教養学部心理 学科卒業。同志社大学大学院修士課程修了。早稲田医療専門学校鍼灸学科卒業。
心理カウンセラーを経て、鍼灸師として独立。 延べ施術数は2万件以上。 30代でパニック障害を発症するが、心理学と東洋医学を統合した独自のメソッドで自ら克服。 現在は「影森式メソッド」としてパニック障害に苦しむ人たちにノウハウを伝え、多くの治療実績を上げている。 オンラインでの相談・指導も行う。

 

本書でも書かれているが、影森さんは自身がパニック障害に悩まされていた過去を持つ。

心理カウンセラーを経て鍼灸師という、珍しい経歴を持ち、それらの経験を生かした独自のメソッドを用い、多くのパニック障害患者を救ってきた実績も持つ。

 

概要

こちらの本は、精神科や心療内科に行くことに抵抗がある人に向けて書かれており

本編で紹介されている療法はほぼ全て「いつでもどこでも1人で出来て、すぐに効果が現れる」ものである。

 

 

・自分自身がパニック障害患者だった。

 

・元心理カウンセラーの鍼灸師という珍しい経歴から編み出されたオリジナルのメソッド。

 

・具体的なイメージ方法が湧きやすい。

 

・薬を使わない療法。

 

といった要素が、本書の大きな特徴であり

本書全体では、5つのチャプターに分かれて構成されている。

 

1.パニック障害とは何か?

2.なぜパニック障害から抜け出せないのか?

3.不安になりやすい敏感なあなたへ

4.影森式パニック障害克服メソッド

5.パニック障害を乗り越えた女性たち

 

まず、パニック障害を知ること。

そしてパニック障害から抜け出せない理由。そして本書のメインである「おもち呼吸法とツボ押し」の方法。最後にパニック障害を乗り越えた女性たちの体験談。といった流れで構成されている。

 

ブックレビュー

こちらの本、非常にオススメです。

 

 

・冒頭は漫画から始まり、具体的なイメージが湧きやすい入りとなっている。

 

・実際の療法については、イラストを用いた非常にイメージの湧きやすい説明となっている。

 

・読んだその日に、その場で始めることができる。

 

・薬を使用しないため、療法に取り掛かるハードルが非常に低い。あるいは薬と併用する事もできる。

 

・また、新型コロナによる外出自粛の影響で通院治療のハードルが高くなっている方にもおすすめ。

 

・体験談が豊富に掲載されており、症状が緩和していくイメージが湧きやすい。

 

・パニック障害と似たような症状を起こす病気についても書かれており、パニック障害になったばかりの人や、「ひょっとしたらパニック障害...?」という段階の人にもおすすめ。

 

など、パニック障害の入門書と言っても過言ではないほど、非常におすすめ出来る1冊である。

 

パニック障害は、誰にでも起こりうる可能性がある病気である。

現在パニック障害に悩んでいる方はもちろん、これから先、もし悩まされる事があっても「この本を持っていれば大丈夫」とお守り代わりにもなるような1冊だと思います。

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


オススメの本の関連記事
  • パニック障害 大丈夫!かならずよくなる ひとりでできて不安がスーッと軽くなる画期的メソッドを読んでみた