※当サイトはPR,アフィリエイト広告を利用しています。

 

現在、コロナウィルスが日本や中国の間で大きな波紋を呼んでいる。

死者は既に何百人にも登り、その猛威を発揮し出している。

 

そして、そんな最中とある言葉が生まれたようだ。

それが「インフォデミック」である。

 

一体どういう意味なのか?

どういう経緯で生まれた言葉なのか?

 

調べてみた。

 

インフォデミック(いんふぉでみっく)の意味とは?解説してみた。

まず、インフォデミックの語源となったのは「パンデミック」であると予想される。

パンデミックとは、広範囲に及ぶ流行病の事である。

新型インフルエンザやペストなど、突如として猛威を振るい、また流行病である事から早急な対策が難しく、瞬く間に死亡者を続出させる恐ろしい病気を指す。

 

まさに今直面しているコロナウィルスもこちらに定義される。

 

そして、今回誕生したインフォデミックがこちら。

インフォデミックとは?

まず、結論としてインフォデミックの意味は

「根拠のない情報が大量に拡散される事」である。

 

日本にコロナウィルスの報道が出た当初

「とりあえず予防のためにマスクをしておこう」という意識が広まった。

マスクが品切れになる事などそう多くはないが、日に日に大きくなるコロナウィルスの報道に、徐々に小売店のマスクが売り切れ続出となる。

 

そして、例によってメルカリにマスクが高値転売される事となる。

 

 

ダイソーのマスク1箱を1000円。

それでも売れてしまうとは恐ろしい話である。

そんな悪循環によって、マスクの品薄は一層深刻な事となる。

 

が、本日WHOより、このような発表がされた。

「マスクの着用は必ずしも予防にならない。手洗いの方が効果的」

 

一体マスク神話はなんだったのか。

ちなみに、どちらかというと予防より拡散防止に有用らしい。「コロナウィルスかかってるかも...」という方は着けてね。

 

↓まとめ

コロナウィルスはマスクでは完全に防げない

以上が一連の流れ。

 

ニュース「コロナウィルスが大流行の兆しを見せています。」

 A「やべぇ。とりあえずマスク買うか」

転売マン「チャンスや!今マスクを買い占めれば高値で売れる!」

B「マスクが品薄だと!?今のうちにマスクを買わなきゃ!」

WHO「マスクあんま効果ないっすよ」

 

このように、根拠が明確になっていない段階から情報が拡散されてしまう事を、今回のコロナウィルスの大流行にかけて「インフォデミック」という言葉が成り立った。

 

まぁ、着けないよりはマシだとは思うので気になる方は早めの対策を。

あとamazonで普通に売ってます。転売からダイソーのやつ買うくらいならちゃんとしたのを買いましょう。

コメントを残す

CAPTCHA


  • 「諦めるのはeasy 全て投げ出してもいいじゃないの」の元ネタとは何なのか?
  • 「ヤク1000」の効果が良すぎると話題に。Twitterの効果口コミまとめ。
  • モデ卒(ファイ卒)の意味とは何か?調べてみた。
  • 「アカンすよ」「アホボケ」の元ネタとは何か?調べてみた。
  • 「草なんよw」の元ネタや意味とは何か?調べてみた。
  • 「セプテンバー調子はどうだい」とは何か?うじたまいの歌詞やギターコードはこちら
  • 「ねあも」という若者言葉の意味とは?調べてみた。
  • 「わーくに」の意味や元ネタとは何か?
  • 大丈夫そ?の元ネタとは何か。使い方や意味は?調べてみた。
  • 「教育教育死刑死刑」の元ネタとは何か?まとめてみた。
  • エロイベの意味とは何か?最近のネットの若者言葉を調べてみた。
  • ぱおんの意味とは?JKに大流行しているぴえんを通り越した言葉の本当の由来とは?