パソコンでお金稼ぎができるようになって1年ほど経った

 

 

自分でも驚くほどに、思い描いていたものを手に入れることが出来た。

 

3年くらい前。ニートでパソコンも持っていなかった俺は、ファミレスでパワプロアプリをずっとやっていた。

それも毎日毎日。その時間をパソコンスキル向上に充てられたら、なんて思っていたが、やり方もわからないのでパワプロアプリ。パソコンも持ってなかったしね。

 

一歩前に進みだそうにも、仮に稼げるようになったとて結局お金が手元に入るまでには相当時間がかかるはず。それならばパワプロアプリ。すぐさま得られる快楽でその場の不安から目を背けていた。

 

(その辺の話はこちら)

24歳ニートは、抜け出して就職するまで一日何をして過ごしたのか
2019.8.14
おっす!おら元ニート! この俺にーとら(@neetola)は、23歳から25歳までの2年ちょっとほどニートをしていた。 ...辛かった ...ほんとに辛かった いつか笑い話になってくれる事をずっと願っていた。 そして、就職して一年半経ちようやく笑い話になってくれたので ニートはどのように1日...…

 

 

そこからトラック運転手に就職し、無事ニート卒業。

安心していたのも束の間。腰をやっちまった。

絶望に打ちひしがれていた俺はこう思った。「仮に寝たきりになったとしても、指先さえ動けば稼げる力が欲しい...」

 

 

ここまでが1年ほど前の話。

そこから俺は「仮に寝たきりになったとしても、指先さえ動けば稼げる力とは何なのか?の答えを求め、来る日も来る日も猛勉強。で1年後今に至る。

 

 

さて、俺には大学の友人たちのLINEグループがある。

 

・最近ハマっているものを勝手に語り出す。

・食べたいものがあったら言う(言うだけ)。

・行きたい場所があったら言う(言うだけ)。

・自分語りがしたくなったらする。

 

 

そんな無法地帯のグループなのだが、少し前に俺は、上記のストーリーの自分語りをおっ始めた。

それをふと読み返したら「我ながら面白え」と思ったのでここに掲載する。似たような立場の人の何かのヒントになれば幸いです。それではご覧あれ。

 

 

ニートの突然の自分語り〜パソコンでお金稼ぎがしてぇ〜

(実際の画面)

にーとら
聞いてくれ

にーとら
1年くらい前にさ

にーとら
パソコンでお金稼ぎが出来るようになりてぇって俺は思ったわけだ

にーとら
ネットビジネスとかに限らず、会社行ってパソコンカタカタするような仕事に就きたいって

にーとら
当時力仕事だったってのもあって

にーとら
んでその第一歩として、まず「パソコンを毎日使うクセをつけよう」

にーとら
と思ったわけだ

にーとら
毎日触って毎日触って

にーとら
気づいたらパソコンすげー使えるようになったっていう状態を目指したわけだ

にーとら
だが

友人A
だが

友人B
だが

 

(実際の画面)

にーとら
だが俺は、パソコンについて全く詳しくなかった

にーとら
パソコンを買おうにも、スペックがなんなのか、値段の相場がなんなのかが全くわからなかった

にーとら
「調べてから買おう」そういった理由で数年も先延ばしにしてきたが、それは良くないと思った

にーとら
とりあえず買ってみよう

にーとら
ただ一つパソコンを買うときの指標としてあったのが、macbookということだった

にーとら
とにかくmacbookが欲しい。そう思い立った俺は、2万円のノートパソコンをヤフオクで買った

にーとら
メモリ2Gのcore3,

にーとら
ギリギリネットサーフィンならできるレベルのスペックだった

にーとら
ちなみに2009年製

にーとら
だが俺は嬉しかった

にーとら
何年も恋い焦がれていたマックブックを手に入れたのだから

にーとら
が、少し触ったら満足して触らなくなった

にーとら
やはりスペックが低すぎる。パソコンでするような作業など出来なかった

にーとら
もっと言えば、「パソコンでお金稼ぎがしたい」という野望が根底にあったのだが、このパソコンはどう触ってもお金が稼げないのだ

にーとら
もっとも、単純にネットでお金を稼ぐ方法をよく知らなかったというのもあるのだが

にーとら
そして何より、自分のスマホを繋げることができなかった

にーとら
Youtuberをやってみたい

にーとら
だが、スマホを繋げることができなければ映像を取り込むこともできない

にーとら
そうしていろいろなことが重なり、買ったばかりのパソコンは押入れの肥やしとなったのだ

にーとら
時は過ぎ半年後

にーとら
当時トラックドライバーだった俺は、腰をやってしまった

にーとら
ひどく絶望した

にーとら
腰をやる、とても恐ろしいことだ

にーとら
まともに立つことすら痛くて仕方がない

にーとら
とても力仕事をこの先続けられるような状態ではなかった

にーとら
幸いなことに、フォークリフトの運転技術を持っていたので、力仕事の無い便に変えてもらうことができた

にーとら
もしあそこでフォーク免許が無かったら、完全に仕事は無くなっていた

にーとら
とは言え、大型車ならともかく中型車だとフォークリフトに乗れど力仕事もある便がほとんどだった

にーとら
もし俺の担当している便が無くなったら

にーとら
一体どうなる

にーとら
そして、それが50歳の時だったら

にーとら
腰痛の恐ろしさを痛感した俺は、

にーとら
寝たきりになったとしても働けるような仕事を

にーとら
そんな仕事に就くことを目指すことにした

にーとら
その日から、押入れにあったパソコンを再び取り出した

にーとら
と同時に、情報収拾も始めた

にーとら
俺が思い描いている仕事

にーとら
指先さえ動けばパソコンカタカタしてお金が稼げる仕事

にーとら
それは一体なんだろうか

にーとら
調べた結果、大まかに2つ見つかった

にーとら
プログラミングとネットビジネスだ

にーとら
そしてその二つは両方とも、一度身につければ一生使えることもわかった

にーとら
ただ、どちらも過去に挫折した経験がある

にーとら
プログラミングは、入門編を一周すら出来ずに挫折した

にーとら
簡単なところは理解できるのだが、

にーとら
そこが出来たところで仕事になるとは到底思えなかった

にーとら
「Hello World」と画面に出力できることによって、誰からお金をもらえるのか

にーとら
そしてネットビジネス

にーとら
その最たる例であるブログ

にーとら
これも過去に何度かやったことはあった

にーとら
だが、1円として稼げたことはない

にーとら
そこに関しても前々から疑問ではあった

にーとら
ブログを書いて稼ぐという言葉自体は聞いたことがあったが

にーとら
どうやって稼ぐのか?

にーとら
そのお金は誰からもらえるのか?

にーとら
調べても、初心者には難しい内容であり

にーとら
とてもモチベーションは保てそうになく

にーとら
思い立ったはずのその日は、パワプロアプリに費やされた

にーとら
とは言え、腰痛のトラックドライバーがこれからどうやって生きていけばいいのか

にーとら
取り返しがつかなくなる年齢になる前に、早く行動しないと

にーとら
そんなある日、とんでもなくベストなタイミングで、とある人と出会う

にーとら
月収100万稼ぐ、同い年の占い師だ

にーとら
結果的に、その人と出会ったことにより俺の人生は大きく変わる

にーとら
どうあがいても怪しさ満点の肩書きではあるが、俺は今プログラマーとして働き、副業のネットビジネスでも切り詰めれば専業で食っていける程度には稼げている

にーとら
そこに関しては事実であるのだ

にーとら
そして何より

にーとら
その当時では信じられないほどにパソコンに関する知識も増えた

にーとら
第二章ーー占い師との出会い

にーとら
ある日、俺に一本のLINEが届いた

にーとら
年一ほどで会う、高校の友達からだった

にーとら
話を聞くと

にーとら
俺に曲を作って欲しいという人がいる

にーとら
とのことだった

にーとら
その人が占い師だった

友人A
2ちゃんに書き込んだら面白そう。

にーとら
数年前、俺はプロのサウンドクリエイターだった

にーとら
と言えば聞こえはいいが、実際には全く食っていけない稼ぎだ

にーとら
そこで、「音楽では食っていけない」と悟る

にーとら
その技術が今になって生きるとは知る由もなかった

にーとら
そんな感じで、パソコンで音楽を作ることができる技術を持っている俺に対して、お願いしたいことがあると言われた

にーとら
そして、3人で会うことになった

にーとら
作曲依頼の話自体は、まぁ別にいいよ程度で終わった

にーとら
が、偶然にもその占い師はブロガーでもあった

にーとら
まさに渡りに船。俺はブログについて徹底的に聞いた

にーとら
そこで発覚したのだが

にーとら
ブログで稼ぐ、その方法は大きく分けて2つあることがわかった

にーとら
なぜ俺は今までブログで1円も稼ぐ事が出来なかったのか

にーとら
・広告を貼る・商品を売る

にーとら
この2津田

にーとら
津田

にーとら
つだ

にーとら
先ほどの「誰からお金をもらうのか」についての解答

にーとら
例えばハヤシ食品のアキオカレーという商品があるとする

にーとら
俺のブログに、アキオカレーの広告を貼る

にーとら
例えばブログが100万アクセスをする

にーとら
すると、100万人に対して「アキオカレー」をアピールする事ができる

にーとら
ちなみに余談だが、こういった日用品に関しては「見た事がある」の積み重ねによる安心感やブランディングが売り上げにおいて大事だったりする

にーとら
そうしてハヤシ食品は俺に対して広告料を払う

にーとら
という構図だ

にーとら
(厳密に言うと、ハヤシ食品と俺の間に仲介業者としてgoogleが入る)

にーとら
これに関しては、アクセスを集めるだけでいい

にーとら
この例で言うアキオカレー。どの商品の広告を打つかはgoogleが自動で決めてくれる

にーとら
そして2つ目、商品を売る

にーとら
シンプルに、俺のブログから誰かがアキオカレーを買ってくれれば俺にお金が入るという構図だ

にーとら
アクセス数は関係なく、売った個数に応じてお金が入る

にーとら
となると、商品紹介のライティング力なども因果する

にーとら
この2つをやらなければ、誰からもどこからもお金は発生しない

にーとら
どんなにアクセス数を集めようとも、どんなにいい記事を書こうとも

にーとら
そして、もしブログでお金を稼ぎたいなら有料ブログにしたほうがいいとアドバイスを受けた

にーとら
アメブロやはてなブログなどが無料ブログ

にーとら
それに対しワードプレスが有料ブログ

にーとら
有料。初期費用は年額3万ほどかかる

にーとら
決して安くない金額だ

にーとら
もし挫折してお金が稼げなければ、3万円は無駄になる

にーとら
無駄になるには大きすぎる金額だ

にーとら
すみません2万円でした

にーとら
腹を決めて俺は支払った

にーとら
ちなみに、ブログは設置型ビジネスと言われる

にーとら
ストック型ビジネスでした

にーとら
どう言う事なのかと言うと、

にーとら
ブログは、記事を書けば一生残る

にーとら
もし書いた記事が月に500円稼いでくれるとしたら

にーとら
月収500円が一生続く

にーとら
そして、それを10記事作る

にーとら
すると、俺の代わりにブログ記事たちが月額5000円を稼いでくれる

にーとら
これがストック型ビジネスの考え方だ

にーとら
概念だ

にーとら
やればやるほど雪だるま方式で収益が増えるって話だ

にーとら
が、

にーとら
逆に言えば最初が大変と言う事だ

にーとら
(この辺で先にネタバレをしておくと、先月と今月のブログ収益は10万である)

にーとら
ブログはとにかく大変であり

にーとら
ブログはとにかく最初が大変であり

にーとら
95%の人が1000円も稼げないまま終わるそうだ

にーとら
そして、累計1000円は稼げた5%のうち

にーとら
月に5000円以上稼げる人は5%しかいないそうだ

にーとら
ブログを始めた人が1万人いれば

にーとら
月に5000円稼げる人はその中の25人と言う計算になる

にーとら
それぐらい、最初がめちゃくちゃ大変と言う事である

にーとら
俺もそれはものすごく味わった

にーとら
始めて1ヶ月目

にーとら
しばらく収益0が続いた

にーとら
書いても書いてもアクセス数は0

にーとら
「本当にこのやり方であっているのか」

にーとら
「これをいつまで続ければ、稼げるようになるのか」

にーとら
「そもそも、稼げるようになる日が来るのか」

にーとら
そんな疑念は常に纏わりついていたが

にーとら
それでも必死に続けた

にーとら
2ヶ月目

にーとら
ちらほらアクセスが増える

にーとら
一日30アクセス

にーとら
始めた初日からしたら、大した成長だ

にーとら
収益は6円

にーとら
6円だが、「ブログを書いてお金を稼ぐ」は本当の話であることを確信した

にーとら
そしてこの辺の時点で

にーとら
「わからなければ調べて解決する」習慣が、徐々に身を結ぶことになる

にーとら
アクセスを稼ぐ裏技をふと思いついた

にーとら
そして実行した

にーとら
結果、1日700アクセス

にーとら
爆上がりだった

にーとら
収益は50円

にーとら
そしてそのノウハウを毎日続けた

にーとら
結局、2ヶ月目の月間アクセスは6000だった

にーとら
1ヶ月目の25倍

にーとら
収益は1000円ほど

にーとら
この辺から、毎日のアクセス数を見るのが楽しくなり

にーとら
ブログにのめり込むようになる

にーとら
また、同じように裏技を思いついては実行する

にーとら
それを繰り返した

にーとら
だんだん、アクセスを稼げる記事の書き方を体得するようになる

にーとら
そしてそれを実行する

にーとら
毎日毎日実行する

にーとら
結果、3ヶ月目のアクセス数

にーとら
15万

にーとら
「1年かけて月1万PV行けば大成功」

にーとら
そう言われる世界で出したこの結果

にーとら
たった3ヶ月でものすごい体験を得た結果となった

にーとら
とは言え、収益額で言えば15000円程度ではあったが

にーとら
その後も試行錯誤を続けた結果、半年後に月の収益は10万円になった

にーとら
また、ネットビジネスの世界ではこの経験自体がお金にもなる

にーとら
「3ヶ月で月15万PV稼げるようになったノウハウ」が、売り物になるのだ

にーとら
特にやろうとは思わないが、その武器も身に付いたのが自身にもなった

 

にーとら
〜ネットビジネス ブログ編 完〜
(余談だが、このLINE風発言もプログラミングで作成した)
(LINEのトークを全てテキストエディタにコピペし、発言の前後にlist.addと()を付けるというやり方)
(↓ニートがプログラミング学校に通って就職するまでの過程はこちら)
【まとめ】プログラマーカレッジに実際に通って、就職できるのか試してみた。
2019.10.22
※この記事はまとめ記事です。 おっす!おら元ニート! この俺、にーとら(@neetola)はニートの状態から...まぁそれはもういいか。 このブログを作った本来の目的は 「プログラマーカレッジって本当に就職できるの?」 ってとこからだった。 なぜこのブログを作ったのか? 実を言うと俺は...…
コメントを残す

  • プログラマーカレッジ体験談、初日行ってきた。評判通りなのか!?
  • 27歳トラック運ちゃん、今日からプログラマー目指します。
  • 現役トラック運転手が、1日の流れと走行距離と生活を教えてやる。【中距離編】
  • ニートがプログラミングスクールに通って就職して1年が経った【体験談】
  • 【体験談】プログラマーに未経験から就職したかったら、すぐパソコンを買った方がいい
  • 【完結】結局、ニートはプログラマーカレッジ半蔵門に通って就職できたのか?
  • あ〜!Javaわからない〜!状態をちょっと抜け出した勉強方法を教えます。
  • 【まとめ】プログラマーカレッジに実際に通って、就職できるのか試してみた。
  • 24歳ニートは、抜け出して就職するまで一日何をして過ごしたのか
  • 現役生がプログラマーカレッジの同級生にインタビューしてみた。
  • エンジニアカレッジの評判はいかに、実際に説明会に行ってみた体験談
  • プログラマーカレッジ に通い始めて1週間が経ったので、体験談を語る。