※当サイトはPR,アフィリエイト広告を利用しています。

 

皆さん、「きもちくしてくれてありがとう」「入ってくれてありがとう」という表現をご存知でしょうか?

最近のSNSで非常に話題となっています。

 

この記事では、これらの表現がなぜ話題になっているのか、そしてそれが何を意味しているのかを深掘りしていきます。

「入ってくれて」「きもちくしてくれてありがとう」の意味や元ネタとは何か?

これらの表現は、週刊文春によって公開された、女優の広末涼子による不倫相手へのラブレターから引用されたものです。

 

 

その中で、特に「きもちくしてくれて」という文章がインパクトを持ち、ネット上で大きな話題を呼んでいます。

この表現は「気持ちよくしてくれて」と解釈されることが多いですが、「よ」を抜いてるのは何かを示唆しているのかもしれません。

 

 

その一方で、「入ってくれて」という表現も同様に話題となっています。

 

これは、具体的に何が入ってくれてなのかは明かされていないが、物理的に体の中に入ってくれてという意味か、心の隙間に入ってくれてという意味か、様々な説が挙げられています。

 

 

 

広末涼子は、早稲田大学の国文学科に入学した経歴を持っています。
しかし、そのような学力を持つ人物から出るとは思えないほどのちぐはぐな文章という声も多く、恋愛感情が人をどれだけ情熱的にさせるかを物語っているとも言われています。

 

 



(↑期間限定でTikTokを見るだけで最大3500円がガチで貰えるなにやらバグ(?)でTikTokインストール済みの方も大丈夫っぽい。お早めに)

ネットの反応

「きもちくしてくれてありがとう」「入ってくれて」について、ネット上でも様々な意見が飛び交っています。

あるユーザーは「広末涼子がこんな感じでラブレターを書くなんて、驚きだよね。でも、それが恋愛の力なのかもしれない」とコメントしています。  

 

 

また、別のユーザーは「“きもちくしてくれて”って一体何?と思ったけど、そのくらい熱烈な恋愛をしているんだなと感じた」と、広末のラブレターに感心しているようです。  

 

しかし、すべてがポジティブな意見ではなく、「この手紙、恥ずかしくないのかな?と思ってしまう。プライベートは自由だけど、あまりにも露骨すぎる」という意見も見受けられます。  

 

ネット上では、これらの表現について、興味津々の声から冷めた視点まで、様々な反応が寄せられています。

まとめ

「きもちくしてくれてありがとう」「入ってくれて」という表現は、広末涼子のラブレターから出てきたもので、その感情の深さと独特な表現がネット上で話題となっています。

 

一部のユーザーはこれらの表現を驚き、あるいは恥ずかしく思うかもしれませんが、他の一部のユーザーはこれを恋愛の一環として認識しています。

 

恋愛の感情は人をどこまで変えるのか、その力を改めて認識させられる一件でした。

 

※あなたにはこちらの記事もオススメです。

created by Rinker
¥715 (2024/02/25 01:53:55時点 Amazon調べ-詳細)

(レビュー欄にヤベー奴がいると話題に)

コメントを残す

CAPTCHA


  • 「恥を知れ恥を!」の元ネタとは何か?まとめてみた。
  • 「全ア」の元ネタや意味とは何か?Twitterのとある炎上が話題に。
  • 「羽ばたいてるね」の意味や使い方とは何か?ギャルの流行語を調べてみた。
  • 「釣り針デカすぎ」など、ネット用語の"釣り針"の意味とは何か?
  • 「シュポる」の意味や元ネタとは何か?まとめてみた。
  • 追いロジンの意味とは?伊藤大海選手のロジンバッグ付けすぎには理由があった
  • 「テオくん頑張れ」の元ネタや意味とは?応援される理由とは?まとめてみた。
  • ソイボーイ(soy boy)の意味とは?日本で言うチー牛?調べてみた。
  • 「って言え」構文の元ネタとは何か?Twitterでとある構文が大流行。
  • 「誠にごめんなさい」の元ネタとは何か?意味を調べてみた。
  • 「トブ横界隈」とは何か?場所はどこなのか?まとめてみた。
  • 「今日も一日」の元ネタや意味とは何か?Twitterでネタ画像を貼る謎の構文とは。