※当サイトはPR,アフィリエイト広告を利用しています。

 

皆さんは「はいマリオね」という曲をご存知でしょうか?

 

 

TikTokやその他のSNSで大流行しているこの曲は、特に若者たちの間で話題沸騰中です。

おそらく空耳と思われる部分が「はいマリオね」と聞こえるようで、それがとても話題になっています。

果たして元ネタは何でしょうか?

 

この記事では、「はいマリオねの元ネタは?」「はいマリオねを歌っているチョ・フンさんは?」など、このユニークな曲について詳しくご紹介します。

 

「はいマリオね」の曲名や本家は?元ネタや意味について調べてみた。

(元ネタの曲はこちら)

 

「はいマリオね」という曲は、2023年現在、TikTokで大人気の韓国の曲です。日本語のように聞こえるキャッチーなメロディが特徴で、多くの人々を魅了しています。
この曲の正式な韓国語のタイトルは「할 말이 없네」で、日本語に訳すと「何も言うことねぇ」という意味になります。

  
恋愛をテーマにしたこの曲は、コメディ色が強く、歌詞の内容もユニークで理解が難しい部分がありますが、その中毒性のあるリズムとメロディが人気の秘密です。

 

誰が歌っている?

 

「はいマリオね」を歌っているのは、韓国のお笑い芸人、チョ・フンさんです。
チョ・フンさんは、「チョ・ジュボン」というキャラクターでこの曲を歌っており、そのユニークなキャラクターが曲の魅力をさらに引き立てています。  (古坂大魔王がピコ太郎というキャラクターを演じるイメージです)
チョ・フンさんは本職の歌手ではないにもかかわらず、彼の曲は中毒性があり、聞く人を虜にする力を持っています。

 

彼の歌は、ユーモアとテンポの良さで若者たちの間で大ヒットし、多くのファンを獲得しています。

 

(↓現在のDMMランキング1位がヤバすぎると話題に)

 

 

 

ネットの反応

「この曲、最初は何言ってるのかわからなかったけど、ハマってしまった!」
「チョ・フンさんのキャラクターが面白すぎる!」
「TikTokで見つけてから、ずっと頭の中でリピートされてる!」
ネット上では、この曲に対する様々な反応が見られます。
多くの人がそのキャッチーなメロディとユニークな歌詞に魅了されているようです。

 

「はいマリオね」という曲は、チョ・フンさんが「チョ・ジュボン」というキャラクターで歌っている韓国の曲で、TikTokを中心に大人気です。

 

そのキャッチーなメロディとユニークな歌詞が特徴で、若者たちの間で話題になっています。
チョ・フンさんの才能とユーモアが光るこの曲は、これからも多くの人々に愛され続けることでしょう。

 

※あなたにはこちらの記事もオススメです。

created by Rinker
¥1,287 (2024/05/28 04:32:39時点 Amazon調べ-詳細)

(レビュー欄にヤベー奴がいると話題に)

コメントを残す

CAPTCHA


  • いただきマスマスマースカットの元ネタとは何か?歌詞はこちら。
  • 「正面で見ても横から見ても下から見てもいい女」という歌の曲名は?調べてみた。
  • 「なんでアイドルやめたか」の元ネタとは何か?調べてみた。
  • 「お風呂に入るの超めんどくさいそれでも早く寝たい」の歌詞は?TikTokで流行っている曲の元ネタを調べてみた。
  • チョーキューメイのメンバーまとめ。「恋に落ちている」がTikTokで話題に!
  • 「弱虫ちっちから卒業するの」の元ネタや意味とは何か?何話なのか調べてみた。
  • TikTok流行語大賞2021に「#モテすぎて草」が選出
  • 「好きでしょ」「好きじゃない」の元ネタとは何か?TikTokで流行中!
  • 「一緒に作らない?赤ちゃん」の元ネタとは?音源の曲名は?調べてみた。
  • あ、なんか引っかかった(TikTok)の元ネタとは?城之内の女は誰?まとめてみた。
  • 「キャラメルマシュマロいちご飴」という歌の曲名や本家は?コードなど調べてみた
  • 「カチカチに凍った漢江の上を猫が歩いています」の元ネタや歌詞は?