※当サイトはPR,アフィリエイト広告を利用しています。

 

「そこ試合決定で」という言葉が流行っている。

この頃、Twitterをはじめとする場所でやたらと流行っている言葉だ。

 

Twitterで不毛なレスバトルが行われている際、

どこからともなく現れた第三者が「そこ試合決定で」と横槍を入れるのが散見される。

 

・あれは、どのような意味なのだろうか?

・元ネタは何か?

 

調べてみた。

 

「そこ試合決定で」の元ネタや意味とは何か?調べてみた。

 

「そこ試合決定で」の元ネタは

朝倉未来の格闘技YouTube企画「ブレイキングダウン」のオーディション。

 

1分間最強を決めるというコンセプトで、腕自慢の素人を一般公募し試合を組む企画。

大まかな流れはこんな感じ。

 

イキった素人ヤンキーがオーディションに応募

ひな壇(インフルエンサー等)に喧嘩を売る

ひな壇側も言い返し、ヒートアップ。取っ組み合いになる

盛り上がってきたところで主催側の朝倉未来が「そこ試合決定で」と言う

 

これにより本戦での試合が組まれる。

 

(こんな感じ)

 

ブレイキングダウンは大きな影響力がある。もし出場が決まれば一気に有名インフルエンサーに仲間入り出来るほど。応募書側からすれば何としてでも出場を勝ち取りたい。

主催側からしても、「こいつらの試合は注目が集まりそう」と思えるような試合を組みたい。ひいてはそんな出場者を求めている。

視聴者からすれば他人同士の揉め事はただただ面白い。

 

全員にとって「オーディションで失礼な態度を取ったり暴れたりする行為」は好都合である。それゆえにお約束となっている。一通り揉めた後に「そこ試合決定で」と言う流れが様式美となっている。

応募者にとって、いかに爪痕を残すかは大きな課題である。

 

(↓現在のDMMランキング1位がヤバすぎると話題に)

 

 

 

 

そこ試合決定でのTwitter上の反応

そこ試合決定でに関する ツイッターの意見はこちら。

 

 

こんな意見も見受けるみたいですね。

 

 

いかがだったでしょうか?

そこ試合決定で、ツイッタラーならばぜひあなたも あしたから取り入れてみては?

 

(↓現在のDMMランキング1位がヤバすぎると話題に)

 

 

 
コメントを残す

CAPTCHA


  • 「弱者男性の姫」の意味や元ネタとは何か?まとめてみた。
  • 「増えてるみたいやね」とは何故流行っているのか?元ネタ由来を調べてみた
  • 「推しの死(流行語)」の元ネタや意味とは?呪術廻戦の五条から生まれた言葉が流行語に。
  • ルダハートとは何か?どんなポーズで誰が考えたのか。調べてみた。
  • ピエンが丘どすこいの助の意味や元ネタとは?調べてみた。
  • かわちいの意味とは?若者言葉の元ネタはなんなのか?調べてみた
  • フォロセの意味とは何か?やり方も含めてご紹介。
  • 【元ネタ解説】ありえない確率ヤムチャが天下一武道会で一回戦突破した時くらいありえないよ とは何か?
  • 「爆美女」の意味とは何か?まとめてみた。
  • 「女さん」という呼び方の意味や元ネタとは何か?まとめてみた。
  • 「栗田の回答気持ちよすぎだろ」の元ネタや意味とは何か?まとめてみた。
  • 「てかえちせん」の意味や元ネタとは何か?まとめてみた。