※当サイトはPR,アフィリエイト広告を利用しています。

 

Twitterでは、"知的障害の泣き虫ネズミ"が突如トレンド入りし、多くの人々の興味を引きました。

 

 

この独特なフレーズは、中国の大手雑貨店がちいかわとのコラボ商品を紹介する際に使われた表現です。では、なぜこんなにも物議を醸したのでしょうか?元ネタについて見ていきましょう。

「ちいかわ」とは?

 

ちいかわは、ほのぼのとしたキャラクターで、そのシンプルで心温まるストーリーが多くのファンに愛されています。しかし、とある雑貨店がそのキャラクターを"知的障害の泣き虫ネズミ"と表現したことが、ファンの間で大きな反響を呼びました。

 

 

この表現は、中国版TikTokに投稿された動画で使われたものです。中国の大手雑貨店が、ちいかわとのコラボ商品動画を中国版TikTokに投稿する際、ちいかわの事を「智障愛哭鼠(知的障害の泣き虫ネズミ)」呼称しました。

 

その後、雑貨店は「ちいかわファンの皆様の心を深く傷つけてしまった」として謝罪しましたが、この一件は日本のTwitterでも大きく取り上げられ、多くの議論を呼びました。

 

ちなみに、各キャラクターはそれぞれこのように呼称されていたようです。

ちいかわ→「智障愛哭鼠(知的障害の泣き虫ネズミ)」
ハチワレ→「藍色褲頭猫(青ズボン頭の猫)」
うさぎ→「瘋狂怪叫兔(奇声を上げるウサギ)」

 

 



(↑期間限定でTikTokを見るだけで最大3500円がガチで貰えるなにやらバグ(?)でTikTokインストール済みの方も大丈夫っぽい。お早めに)

ファンの反応

この一件に対する反応は様々です。一部のファンはこの呼び方にショックを受けた一方で、「改めて漫画を読み返すと、確かに当たらずとも遠からずかもしれない」と受け入れる声や、ちいかわの特徴を再発見する機会と捉える声もありました。

 

 

 

 

まとめ

"知的障害の泣き虫ネズミ"という表現は、一見するとちいかわのキャラクターを単純化したものに見えますが、この一件を通じて、ちいかわへの深い愛情や、ファン同士の絆が見えてきました。ちいかわの世界観が多くの人々にとって特別なものであることが改めて確認された出来事でした。

 

この一件は、SNSがもたらす文化的影響力と、言葉一つ一つが持つ重みについて考えさせられます。ちいかわとそのファンたちの間に生まれた小さな波紋が、どのようにして大きな話題となり、最終的には共感と理解につながるのかを示す興味深いケーススタディと言えるでしょう。

 

※あなたにはこちらの記事もオススメです。

created by Rinker
¥1,287 (2024/04/21 03:22:56時点 Amazon調べ-詳細)

(レビュー欄にヤベー奴がいると話題に)

 

コメントを残す

CAPTCHA


話題の事柄の関連記事
  • 君どう(君たちはどう生きるか)の映画を見た感想【ネタバレなし】
  • ファッションレンタルのサブスクのメリット・デメリットを調べてみた。
  • 「まゆゆの生前葬」がトレンド入り。ブチ切れするファンが炎上【まとめ】
  • 【まとめ】高知県土佐市のCafe Niil Mare(カフェニールマーレ)の胸糞すぎる話がTwitterで話題に。
  • AIもこう(AIまこう)とは何か?【騒動まとめ】
  • マルちゃん製麺炎上はなぜ?漫画に批判が来るも「クレーマーとしか思えない」の声が多数
  • 家庭教師の銀河の評判を調べてみた。その高評価の理由とは?
  • 代行費10万円がTwitterトレンド入り。一体何があったのか?まとめてみた。
  • 水曜日のダウンタウンの今日の放送がおかしい。清春の間違い探しの答えは?
  • キノコ伝説の広告にゲンガーに似てるキャラがいると話題に
  • 四柱推命の占いをココナラで受けてみた【体験談レポート】
  • オルゴナイトとは何か?作り方や効果など、インタビューで詳しく聞いてみた。