※当サイトはPR,アフィリエイト広告を利用しています。

 

皆さんは「目玉焼きクラゲ」をご存知でしょうか?

 

 

これは、その形状が目玉焼きに似ていることから名付けられたクラゲの一種です。
英語では「フライドエッグジェリー(目玉焼きクラゲ)」と呼ばれ、そのユニークな見た目が注目を集めています。
日本では「チチュウカイイボクラゲ」とも呼ばれ、正式名称はコティロリーザ・ツベルクラータと言います。

 

特徴と生息地は?

目玉焼きクラゲは、傘の中央が盛り上がり、まるで目玉焼きのように見えるためこの名前がついています。
最大で35cmほどに成長することが知られています。

このクラゲは、主にエーゲ海や地中海などで見かけることができ、これらの地域では当たり前のように出現する生物です。

そして驚くべきことに、この目玉焼きクラゲ、実は食べることができるとされています。
実際に食べたスペインのシェフは、「海のような味と、新鮮なイカのような食感」と評しています。

日本で見ることができる場所は?

日本で目玉焼きクラゲを見ることができる場所もあります。
それは加茂水族館や新江ノ島水族館で、ここでは様々な種類のクラゲを観察することができます。

 

また、すみだ水族館でも、この目玉焼きクラゲを含む多種多様なクラゲの展示が楽しめます。
クラゲの優雅な動きと、その美しいフォームを間近で見ることができる、まさに癒しのスポットと言えるでしょう。

 

 



(↑期間限定でTikTokを見るだけで最大3500円がガチで貰えるなにやらバグ(?)でTikTokインストール済みの方も大丈夫っぽい。お早めに)

ネットの反応は?

目玉焼きクラゲのユニークな見た目と、それを食べることができるという事実は、インターネット上でも大いに話題になっています。

「目玉焼きのような形状がユニークだ」と評価する声や、「食べてみたい!」と興味津々な意見も見受けられます。
一方で、「クラゲを食べるのはちょっと・・・」と戸惑う人もいるようです。

目玉焼きクラゲは、その独特の形状からくるユーモラスさと、食べることができるという意外な一面から、多くの人々を惹きつけています。

 

※あなたにはこちらの記事もオススメです。

created by Rinker
¥1,287 (2024/04/25 03:37:09時点 Amazon調べ-詳細)

(レビュー欄にヤベー奴がいると話題に)

 

以上、目玉焼きクラゲについての情報をお届けしました。
このユニークな生物が生み出す魅力と驚きを、ぜひ皆さんも感じてみてください。

コメントを残す

CAPTCHA


話題の事柄の関連記事
  • まふまふとみけねこが話題に。潤羽るしあの配信に"とある通知"が写り込む。
  • 「友達とリンチ」がTwitterトレンド入り。一体何があったのか?まとめ
  • 【まとめ】高知県土佐市のCafe Niil Mare(カフェニールマーレ)の胸糞すぎる話がTwitterで話題に。
  • 「サムネスキン」とは?HIKAKINがガチ切れで警告動画を上げる騒動に。
  • 家庭教師の銀河の評判を調べてみた。その高評価の理由とは?
  • 四柱推命の占いをココナラで受けてみた【体験談レポート】
  • オンカジノで本人確認(KYC)はなぜ必要なのか?
  • 「しゃぶまるこ」の意味とは何か?作者が謝罪し、Twitterトレンド入りする。
  • 兄妹インスタライブフル動画はどこで見られる?無料視聴する方法を探してみた。
  • ヲタ恋の広告が面白すぎると話題に。どう見てもAIすぎる【まとめ】
  • DJSODAの大阪ライブのセクハラ犯人を特定!大きなニュースに【動画】
  • いじめ撲滅委員会代表、栗本顕さんにインタビューをしてみた。